体重94kg→81kg!次の目標は75kgでサブ3・15!もーさんのダイエット日記 美ヶ原トレイル

体重94kg→81kg!次の目標は75kgでサブ3・15!もーさんのダイエット日記

’11年初フル→’12年初100km→’13年東京マラでサブ3.5!→次の目標はサブ3.15!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

美ヶ原トレイル 詳細レポ 5km~12km(ゼブラ山~八島湿原~鷲ヶ峰~和田峠(第一エイド))

前回のスタート~5kmは⇒こちらの記事。

ちょい復習。
スタート直後のブランシュ高山登りは、400mの標高差と言えど
傾斜がきつくないので、それほどしんどくは感じなかった。
美ヶ原トレイルga-min2

ゼブラ山の上からの八島湿原
美11

ゼブラ山の下り手前で渋滞となるが、景色を堪能できるので
それもアリ。


復習終わり。

湿原横を通って、次の鷲ヶ峰までのルートは↓こんな感じ。
美111

下りで渋滞って書いたけど、その先の歩行区間も
ある意味渋滞。。。

体調的には、この部分が一番悪かった。
登りで異常に汗かいて、渋滞で止まって、
歩行区間でゆっくりエクササイズ。
体温上がらず。

寒気の上、まだ6kmぐらいということで
精神的にも追い詰められ、
第一エイドでリタイアなんて出来るのかな?
なんとも考えながらの歩行。

湿原横は、レース直前で歩行区間となった場所。
フラットな分、ここを走れないとタイムが縮まらない。

さらに女子グループの後ろにいるもんで、
その前との集団との差が開く事に気になる。

でもトレイル初心者で抜き方が分からない(笑

レース中に学びましたが、
抜きたい時は、前の人に接近してちょっとプレッシャーをかけてから
「右、先に失礼します」と抜きたい側から声をかけていけば
道を譲ってくれます。

あと、歩行区間でも人を抜く一瞬ぐらいは
走っても問題ないと思います。






その時 応援に来てくれてた家族は・・・

白樺湖!
白樺湖

車山!
車山or霧がみね

高原観光を堪能してました(笑

レース参加者の方は横を通るだけで、
八島湿原の中には入れなかったので
八島湿原の写真もペタリ。

↓八島湿原の花
湿原の花

↓八島湿原の風景。
湿原の風景

山の上だけども、いろんな自然があるんですね。
あらためて勉強。




レースに戻って、鷲ヶ峰の登頂について。
↓さっきの写真。
美111

ガレ場で、観光客が多いと言う事で、当初からの歩行区間。
僕ら完走目的の人間に走って登れって言う方が無理。

歩いて登ります。
無理せず、けども立ち止まらずのペースで登って行くと
以外に順位が上がって行きます。
さっきのステキツインテール女子も抜いた。
(かなり息がしんどそうでした)

家族に電話したら、普通につながった(笑

鷲ヶ峰の中盤。振り返って八島湿原を撮影。
右側が、八島湿原の観光用の駐車上。
美12


家族には識別つかなかったようですが
だいちゃん(1歳7ヶ月)だけには見えてたようで
(電話中に)こちらが手を振ると、急に指差したらしいです。

さすがマイサン!(赤ん坊はアフリカ人並に視力がいいのか!?)

↓八島湿原の駐車場から、トレランレースの風景。
 この白いマメ粒のどれかが、私です(笑
鷲ヶ峰

↓八島湿原の観光案内で、空撮のパネルがあったそうな。
湿原
↓僕らが走ってる(歩いてる)ルート。
湿原2



↓ガーミンデータ。鷲ヶ峰頂上で1時間50分。
鷲ヶ峰から第一エイド2

その前の、5km地点ゼブラ山の山頂で1時間。(累積標高登りで450mぐらい)

鷲ヶ峰山頂(約8.4km地点)で 50分。(累積標高180mほど)

ガーミンで確認したら、
湿原横の歩行区間を、「約2km 30分弱」という
普通のウォーキングタイムでした。

歩行区間の遅れ=予定タイムより大幅に遅れました。


山頂までの登りでは道幅も広いし、コースを変えれば前の人を抜けるしで
良かったんですけど・・・

なぜか山頂からしばらく続く平坦な道で歩きの渋滞。
ここ走らないの?的なイライラ。

下りに入るも、ずっと歩きっぱなし。
微妙に立ち止まったりが必要な。

トレランって、下りでタイム稼ぐんじゃないの!?
こんな登りに近いペースで進んでたら、ゴールできないよ!!
って焦り始める。

どうも、トレラン慣れしてない女性の方が渋滞の原因のようでした。
ちょっと横にどいてくれたら、みんな快適に走れたのにね(´・ω・`)

一旦平坦になり、道のスペースが出来たのでみな急いで抜く(笑
抜く側も初心者なので、こういう感じでないと抜けないのです。

と、また50mほどの山登りの区間。
前方の10人ほどを抜き(歩きですが ^^;)
下りのトレイルを楽しむ。

大渋滞の前方は、当然ながら人がさっぱりいません。
登りの疲れを忘れ、ガンガン攻める。

あー楽しかったー。
体力的に、あそこが最初で最後に
下りを満喫しながら走れました。

さらに前方の方に追いつき、3人ほどパスすると
第一エイドステーションの和田峠に到着。

下りの追い上げで、ようやく前の集団に追いついたみたいです。

家族とも再会。感謝感謝。
第一エイドのだいちゃn

エイドに待っててくるだけで、すごい力が沸いてきます。

第一エイド 到着時刻 12:21頃




↓第一エイドステーション風景。
第一エイド風景

じゃがいも(特産)、きゅうり(特産)、味噌(特産)、きのこ汁(特産)に
水、アンパン、バナナ、あとなんだっけ?

完全にマラニック状態のエイドステーションでした。

トイレは、道路の反対側にある道の駅?的な所で用を足す。
店内は、普通の観光客で昼食時。
トイレ拝借、どうもありがとうございました♪



ここまでで、12km。公式の距離は全体で32km。約1/3。

事前に確認していたコースマップの山登りは
・400m
・170m

距離的には1/3まできたけど、
・400m
・400m

の山登りが控えています。

しかも、400m級の登りは
1回目より2回目、2回目より3回目と

どんどん傾斜がきつくなる事を知っていたので
不安を感じつつ、次の400mの山頂、
三峰山を目指す。

では次回


<関連記事>
・第一回 美ヶ原トレイルの記事一覧

・美ヶ原トレイル レポその1(前日~スタート~5km)
・美ヶ原トレイル レース後~1週間の筋肉痛について
スポンサーサイト

美ヶ原トレイルランニング(32km)から一週間 筋肉痛の状況

8/27(土)レース 10時開始、18時12分ゴール

腰が痛くてランを抑えた分、全身の疲労度は低い。
ゴール直後、足を洗っている間に体が一気に冷える。
風邪の「寒気」もかなりひどい。
風邪によるものなのか、長時間運動によるものなのか

食欲が全くでない。
夕食は全部平らげたけど、正直味の記憶が・・・。
心底無念


8/28(日)
翌日の朝、全身の疲労感はあるものの、筋肉痛はなく
ケツと腰に疲労を強く感じる。

ペンションの周りをランニングしようかなとも思ったぐらい
まだ筋肉痛はなし。
風邪も一晩でかなり改善。

PM
ドライブ観光しながら帰宅の路につく。
休憩毎に車から降り度に、筋肉痛がひどくなってくる感じ。


8/29(月)
朝起きると、筋肉痛がひどい。
初フルマラソン時よりはヒドイものの、
野沢トレイル(12km)の時より全然楽勝

1ヶ月間、トレイル用に体を鍛えてきたかいがあったかも


当日のレース直後と翌日の朝に
走れる状態だったのに
翌々日の夕方に走れなくなるなんて変だ!!

という事で、軽めに5kmジョグ。
といいつつ、平地を走れる喜びで5分10秒/キロぐらいで走る。
美ヶ原トレイル、がっつり走れるのって
美ヶ原エイドの25km過ぎだったもんなーと回想。

一般の観光客が多い区間が歩行区間になっている。
イコール、平坦で走りやすい区間が歩行区間。
イコール、アップダウン&平坦ガレ場がラン区間。

オレだけかな、初心者向けのコース設定と思っていたけど
そうではなかった気が・・・。

こればっかりは、他のレースに参加して
経験を積まないと分かりません(´・ω・`)


8/30(火)
筋肉痛マックス。
ふくらはぎはピーク越え、それ以外の部分でピーク。
ふともも、ケツ、腰・背筋)


8/31(水)
筋肉痛少し和らぐ。
美ヶ原トレイル前に痛めた、右足首の痛みを気にしつつ
ハーフが10日後程に迫ってきているので
「距離短め・ペース速め」で走る。


9/1(木)
体調は絶好調!
筋肉痛がかなり和らぎ、疲れも抜けた感じ。
右足首の痛みを薄っすら感じる程度。

→逆に危ないと感じたので、ランオフ。

風邪の方は、まだまだ鼻水が出る。

そういえば、奥さん1週間ずっと体調悪かったな。


9/2(金)
筋肉痛全部とれたー!! と思ったら
背筋の上(肩甲骨)と肩周りが、がっつり筋肉痛。

肩のストレッチすると攣りそうになるくらいひどい。
日常生活では全く使わない筋肉。ランニングでも酷使する筋肉ではない。
走る分では全く問題ないので、夕方、12kmビルドアップ走にチャレンジ。
見事撃沈

この肩まわりの筋肉痛って、
リュック背負ってるからなのか、
8時間走の影響なのか
トレイルランニングで必要な筋肉なのか
全く不明。

予想では、リュック背負っての負荷と
下りランの時、平地を走る時以上に
腕を大きく振って走るので、その影響と思わる。


9/3(土)
まだ肩周りのストレッチをすると
攣りそうに・・・。

腰にもまだ疲れが。。。

美ヶ原トレラン32km(36km?)の筋肉まとめ

・レース直後は意外と動ける。動ける間に要ストレッチ
・トレランレース直後の1週間は、疲労抜き週間と考えよう。
下りが長いと、腰に来る。(瞬間・瞬間ではふともも)
背筋側の筋肉が重要。(ふくらはぎ、モモ裏、ケツ、腰、背筋、肩甲骨まわり、肩)




・エネルギー系の補給は、最低1食/1時間を心掛ける。
(エイド2回とするなら、8時間で5回分を持参)

この話は、また今度。

美ヶ原トレイル レポその1(前日~スタート~5km)

来年参加を検討するか自分自身へのメモと、
家族や仲間が参加したけど応援に来れなかった人などを
意識して書いてみます。



【体調】
・疲労
身体的なダメージは、8日ほど前に走った
「標高差280m級・舗装路・20km」の時の下りで
右足首に痛みが出て、それを引きずる感じ。

トレイル下りの練習どころか、坂道の下りの練習さえしてこなかったので
試走してみたら、足首痛めちゃった的な。
他は問題なし。

・熱(風邪)
奥さんが1週間ほど「会社休めばいいのに」というほどしんどそうだった。
赤ちゃんにもうつってしまい、1人遠征かなとも覚悟した。
木曜日、ついに自分も風邪っぽくなる。
葛根湯と栄養ドリンクを飲んで寝る。
翌朝(金曜日)、異常な寝汗。

前夜になっても体調変わらずなので
熱をはかると、37度。
色々準備して寝れたのが、24時頃。
扁桃腺が腫れて、楽に呼吸ができず
4時間の間に4回ほどおきる。

〔反省点〕
標高1600m~2100mぐらいの所を32km走るので
前泊して体を高山に慣らす必要あり。
原発の問題で、稼働日変更で、年休使えなかったのは
仕方ないっちゃ仕方ないけど。。。

朝4時50分に、ようやく家族揃って家を出る。
休憩に時間を取られ、9時10分くらいにようやく到着。

(運転中、頭が痛くなってきたので
 凍らしたジェル補給食を頭に乗せて運転。氷袋代わり
 そんな状態で、よー走ったなオレ(笑))

受付を済ませ、急いで着替えて
パックに補給食とか詰めて
スタート地点についたのが、スタート8分前。(笑
美1
もちろん後方からのスタートです。
エントリー数は、600人ちょい?
当日の参加数は、600人弱くらい?
公式の発表を待ちましょう。


↓地元の小学生と思われる太鼓の演舞。
美2

↓スタート後にまずパシャリ。じいじと、だいちゃん。
 ガーミンのスタート押し忘れてたので、スタートラインで押しました。
 ネットとグロスの差は1分くらい?
美3

↓スタート直後に振り返る。応援ありがと~ 行ってきます~!!
美4
ゼッケンつけたランナーさんが1人or2人。
運営側のケツ持ちの方が1名(?)。

ケツ3番目くらいからのスタートだったんですね(´・ω・`)。
熱のせいで、「6時間台!」の目標から「完走!」に切り替ったもので
ガチで楽しむ事にしました。


↓山だけど人・人・人。すぐに歩く事になります。
美5

↓少し行っても早歩きで追いつける程。 
美6
とりあえず、脈拍を「140前半」で管理することにしました。
標高差は400mぐらいですが、スキー場ということで
なんとか走って登れるぐらい。

スタート直後なので、タイムを詰めたい人は走って登る、
完走目的な人は無理せず歩いて登る。

そんな感じのスタート直後の登りでした。


↓山頂からの写真。ふもとが見えない。。。。
美8

スタート地点から
標高差:420mぐらい
距離 :3.2kmぐらい
時間 :45分ぐらい



美ヶ原トレイルga-min2

標高差だけ見ると結構きついですが
体感的には結構楽でした。(てか全部歩きましたけど(笑))

ペース落ちて来る人がいますが、道の幅が広いし
どんどん抜いていけます。


↓標高1,800mで水平方向の移動。
 若干のアップダウンありますが、トレイルではこんなもの程度。
 僕的には、ツインテールのステキ女子を追っかけます(笑
美7
写真見ると、所ドコロでグループになっていますが
仲間同士というより、前の人に追いついちゃってる感じです。

写真の通り、基本シングルトラックなので抜くためには
草の中を強引に進むしかない。

無駄なエネルギーを使わず体力温存の為
抜かずにステキ女子について行きます。


↓登山者の方を抜く時には「失礼します!」の声を忘れずに。
美9
左手前の明るい緑の山がゼブラ山(5km地点)、
その奥の暗い緑が、鷲ヶ峰。(標高差 約170m)
さらに奥の雲がかかって見えない所が、
美ヶ原だと思われる。

なんだこの距離感(笑
マップを把握しすぎると返ってつらいという。。。

多少ガレ場ってるトレイルを進み
次のゼブラ山の山頂を目指します。

↓ゼブラ山の山頂。(スタートからちょうど1時間程)
美10
前方で渋滞が起きていたので、なんとなく撮影。
ここまでにコース上のボランティアさんが4人くらいいたと思う。
皆気さくでいい人でした(´・ω・`)。


↓ゼブラ山から八島湿原の写真。その奥が鷲ヶ峰。
美11
ゼブラ山の下りから歩行区間になる。
下りが急なので、その入り口で渋滞となる。
虫の大群の為か、進むのが超遅い。。
5分ほどのロス。リュックを下ろして、ボトルの水を給水する事にした。

まだ 5km過ぎ。

次回へ続く。

両親、妻、大智へ

2011美ヶ原トレイル&ウォーク(8時間12分で完走)を終えて、一発目の記事ですが

まず応援に来てくれた家族の為に手紙でも書こうかと思ってますので

その↓下書き。

レポとかは、ぼちぼち更新していきます。


両親、妻、大智へ

応援に来てくれてありがとう。
満足に感謝・感激の言葉を伝えられなかったので手紙を書きます。

両親へ
 こんな年(33)になって応援来てもらうのもアレなんですが・・・やっぱり嬉しいです。
 
 小・中・高・大と、スポーツイベントやラグビーに観戦しに来てくれてた事を
 つい最近になって思い出しました。

 応援される側の立場として、「応援」そのものよりも
「応援に来てくれた事」 がとても嬉しかったりします。

もうすぐ70歳。(と64歳)。

「息子の応援に行ってきた!ペラペラ(ウンチク)・・・」と、
昔と同じように知人に息子自慢をする
心身ともに健康な両親でいて欲しいなと思います。


妻へ
相変わらず振り回してばかりでごめんなさい。
思いつきの行動ばかりで、無茶苦茶に見えるかも知れませんね。

 「できる時に、チャレンジしておきたい!」
 「やらなかった「後悔」より、失敗した「後悔」を」

 ↑僕を突き動かす原動力です。

来年は来年で、また変なものにハマッるかも知れませんが
こういう性分ですので・・・ご理解下さいませ。。。

p.s
 前後まるまる仕事だったのに、
 両親、大ちゃん、夫の面倒を見てくれてありがとう☆


大ちゃんへ
 こんなおとーさんですが、
 またじーちゃんとばーちゃんと

 おとーさんをおうえんしにきてね☆

 きみの はいたっち は、さいこう に げんきがもらえます☆


最後に皆様へ
 自分の体調(熱)の方はかなり悪くて、
 1人遠征だったら、出発前に断念していたと思います。
 レースに参加したとしても、途中で諦めていたと思います。

 みんなの応援の力で、無事ゴール出来ました。
 自分の力だけでは、きっとゴールできませんでした。

 また、来年は別のエリアに行きましょう☆

美ハイタッチ
美ヶ原の鐘の近く。ラン禁止の歩行エリア。

ランナーをハイタッチで元気づける、我が息子1歳7ヶ月の大ちゃん。LOVE!

遅報!

8時間12時分 くらいで完走しました。

体調悪いなりに頑張った自分に、
偉い!

今日の朝に、ようやく平熱になりました\(^-^)/
プロフィール
Author:みゃあらくもん(もーさん)
・プロフィール詳細

≪ダイエット開始時(2010/3/20)≫
身長:177cm
体重:94.2kg
体脂肪率:28.0%
BMI:30.07
ウエスト:102cm
(腹回りトップで測定)

相互リンク募集中!
カテゴリ
LT (9)
参加中!
↓参加中です。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ
人気ブログランキングへ にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。