体重94kg→81kg!次の目標は75kgでサブ3・15!もーさんのダイエット日記 LTとマラソンの話。その1

体重94kg→81kg!次の目標は75kgでサブ3・15!もーさんのダイエット日記

’11年初フル→’12年初100km→’13年東京マラでサブ3.5!→次の目標はサブ3.15!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

LTとマラソンの話。その1

前回記事の続き。

走力 「30km走 4’30/キロ」 可。
起伏の激しいハーフで「4’27/キロ」や、仮装で「4’30」。

だが、平坦ハーフで猛スタートで撃沈。猛省。。。

スタート直後のオーバーペース(3’51/キロ)、
直後(2・3km地点)は落ちるのは当然として
5・6・7km地点のラップは「4’40」やし、
8km以降~ゴール迄 だいたい「4’30」やし、
なんで「4’20~4’25」で走れんかったの???



LTとは、
「負荷が高くなると、乳酸が処理できなくなる」点のこと。



↓こんなグラフ見たことありません?


左の縦棒が、乳酸値の数値。上に行くほど乳酸大。
右の横棒が、運動強度。右に行くほど強度大。

100mをダッシュすると、乳酸が溜まって走れなくなる。
(グラフで右側)

低強度でゆっくり走ると、乳酸が溜まらないので
長い距離を走る事ができる。(グラフで左側)

通常、マラソンとかハーフのペースなら
乳酸を処理できる範囲での運度強度(=グラフで角度が低い所)。

神通川ハーフのスタート直後1km地点で「3’50/キロ」で突っ込んだのは、
今の僕にとって乳酸が溜まる領域にあったということ。

2年前の僕なら、キロ5分でハーフを走りきれるかどうか。(平坦)。
1年前の僕なら、キロ4’40でハーフを走りきれた。
今の僕なら、起伏が激しくても キロ4’30で走りきれる。

これは、イコール「LT値が向上した」と言える。

グラフで角度がギュッと変化してる点ね。


つまり、今回の反省を次に生かすには
このLT値を右にもっていく練習が必要ってこと。

具体的には、インターバル走なのか???

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

<関連記事>
・神通川ハーフ 撃沈→悔しくてランニング再開
・神通川ハーフ 撃沈ラップ詳細と写真
・神通川ハーフ 【速報】大撃沈
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:みゃあらくもん(もーさん)
・プロフィール詳細

≪ダイエット開始時(2010/3/20)≫
身長:177cm
体重:94.2kg
体脂肪率:28.0%
BMI:30.07
ウエスト:102cm
(腹回りトップで測定)

相互リンク募集中!
カテゴリ
LT (9)
参加中!
↓参加中です。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ
人気ブログランキングへ にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。