体重94kg→81kg!次の目標は75kgでサブ3・15!もーさんのダイエット日記 東京マラソンの倍率について(毒舌)

体重94kg→81kg!次の目標は75kgでサブ3・15!もーさんのダイエット日記

’11年初フル→’12年初100km→’13年東京マラでサブ3.5!→次の目標はサブ3.15!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京マラソンの倍率について(毒舌)

東京マラソンの倍率について、9.6倍とありましたね。 ⇒公式HP
この事について、ちょっと毒づいてみたいと思います。

東京マラソン2012/ランナー参加者申込み状況について
東京マラソン財団は、『東京マラソン2012』(平成24年2月26日(日)開催)に出場するランナー参加者の一般募集を締切りました。その結果、申込総数(マラソン・10㎞)は、約28万4千人となり、マラソンの抽選倍率は、約9.6倍となりましました。
東日本大震災等によるレジャー自粛傾向を懸念しておりましたが、今年も多くの方々にお申し込みいただき感謝しております。

◆申込者数合計(一般募集) 283,988人
———————————————————————
・マラソン(42.195Km) 282,824人
・10Km 1,164人


定員の情報はコチラ ⇒公式HP

マラソン:35,500人(エリート100人、チャリティランナー3,000人、
     東京マラソン公式クラブプレミアムメンバーから3,000人を含む) 
10km:500人


ちょっと違和感がある。

倍率が10倍で、「10年に一度の確率」。

↑この知識はあったので、数年後か、10年後か
10年後には20倍になってて、さらにもう10年後か・・・

未知数な当選倍率。

でも、本当に10倍なの?
というのが今回のお話。


再度、定員の件。⇒公式HP

マラソン:35,500人(エリート100人、チャリティランナー3,000人、
     東京マラソン公式クラブプレミアムメンバーから3,000人を含む) 

(プレミアムメンバーって何? ⇒公式へコチラ
 年会費4,200円を払えると入れるらしい。今回はその話ではないので割愛)

35,500-100(エリート)-3,000(チャリティー)-3,000(プレミア)=29,400人。

283,988÷29,400=9.6倍

確かに計算上は、「9.6倍」で間違いないようですが・・・。

〔私の身の回りの話〕
この数年間で、J2サッカーやロボットイベントの
無料チケットをいただきました。
僕はいただいてませんが、野球のチケットもありました。

いただける理由は、「スポンサー招待」のチケット。

暴力団と芸能界、格闘技界のどうやらこうやらの話題と同じように
ビックなイベントを開催する時には、モチロン無料では開催できないので
資金提供をしてくれる「スポンサー」が必要となります。

で、僕がいただいた無料チケットも企業がお金を出すと
そのイベントの無料招待券が(多分)出資金額の額によって
10数枚~100数十枚 送られてくるようです。


〔東京マラソンのスポンサーについて〕
地方のマラソン大会の冊子みてると、スポンサー様も地場企業ばかり。

東京マラソンの公式スポンサーは、もう超一流企業ばかり。
当然、出資金額も相当でかいはず。

ドリンクやスポーツ関連の企業だけでなく
マラソンと関係ないBM○とかマク○ナル○とか
大手関西旅行会社のスポンサーも。

名前は出て来てないですけど、新聞社やテレビもあるわけでして
特に「テレビ」については・・・ね。

毎年出場している芸能人ランナーさんとか
アナウンサーさんとか、某ラン雑誌のライターさんとか
倍率関係なく出場しちゃってるわけでしょ?

・・・・

もう僕の言いたいことが分かっていただけたと思いますが
プレミアメンバー(年会費4,200円)やら、チャリティー(10万円)など
商魂丸出しの東京マラソン。

スポンサーに対しては、出資金額に応じて「座席の確保」があるものと
勝手に想像しています。


なので、実際の「一般募集」の倍率については
283,988÷29,400=9.6倍 ではなく、

283,988÷20,000=14.2倍 とか
283,988÷15,000=18.9倍 なんじゃね!?
 


と、妄想してエントリーしてますので
落選しても落ち込んでないんですけど・・・

こうやってまとめて書くと、なんか腹が立ってきた(笑



この記事は、5%の正確な情報と
95%の妄想で書いている内容です。

転用・複写、激しい攻撃等はご遠慮くださいませ。。。。。
[ 2011/10/15 20:45 ] 2011年マラソン大会 | TB(0) | CM(8)
気持ち超わかる!
実際は5000人分はそのようなとか…
噂はありますね。
ウワサですが
いくらんなでも2年3年連続がゴロゴロいる状況はちょっと異常です。
[ 2011/10/15 23:20 ] [ 編集 ]
この考察
かなり面白い!目の前の家事労働をそっちのけで読みふけってしまいました。←単なる現実逃避?

私は運よく当選しましたが、今までも知人でたまに当選者がいました。夫婦で当選した人もいたし、2年連続の人も。また1回目から全く当たらない人も。

このバランスの悪さが、逆に『公正なくじ引き』っぽく感じますね。私は。

確かにスポンサー枠はあるみたいですね。まあスポンサーあってのマラソン大会なので仕方ないかなと思います。

ただ純粋な一般募集の定員数は知りたいですよね。スポンサー枠とかプレミアとかチャリティーとか全部除いた定員を。
それに対しての倍率は純粋にどんなもんなんでしょうね。マジでもーさんの試算レベルにはね上がりそう。

そんなこと考えると私の当選ってホントに幸運だったみたい。嬉しい♪
みんなの気持ちを背負って、丁寧に走らないとなあ。
[ 2011/10/16 16:30 ] [ 編集 ]
私も落選です
こんばんは。

私も落ちました。
大阪、神戸、東京と落選なので、あと京都で落ちればグランドスラムです(笑

ホント、当たりませんね。。。
[ 2011/10/16 21:12 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> ハンサムネコさん
噂ですか!?
僕のは、あくまで僕の「妄想」です(笑

書いた理由については・・・・
そうですね、また「確率」の話になるので
記事にしてみたいと思います。v-91

(やはり、冷静に考えてみるとおかしすぎる。。)
[ 2011/10/18 23:42 ] [ 編集 ]
Re: この考察
> ヨーコさん

同意見です!
スポンサー様あっての大会なので、その点はいいですけど
純粋な「倍率」を知りたいですよね。

僕(私)のこの一票は、正確には何倍の価値があるのか・・・。

もしかして、名古屋ウィメンズと東京
どちらかは仮装ですか?(ニヤリ

[ 2011/10/18 23:46 ] [ 編集 ]
Re: 私も落選です
> おくじゃいあんさん。

ああああーーーー。

東京だけなら「10年に一度」の確率ですが
大阪・神戸・京都・東京の4枠をまとめて考えれば
2年に一度は、当たりそうな確率ですね。

当たらなかったら、カキを食べに
能登和倉万葉マラソンへどぞ(笑
2012/3/11です。

[ 2011/10/18 23:49 ] [ 編集 ]
東京マラソンは
都庁の一室で始まったけど、今では財団法人が運営。
で今日、その財団法人の昨年度の財務諸表をネットで見てみたところ…収支報告書の『収入の部』1位がスポンサーからの協賛金収入960百万円、次が参加料収入320百万円。

そんだけスポンサー収入が多いのなら、スポンサー枠確保も仕方ないかなと改めて実感。

結構面白いと思ったのは、不動産購入して資金を運用してたりするところ。

もーさんはじめ東京マラソンに興味のある皆さん、一度チェックしてみて♪
[ 2011/10/18 23:52 ] [ 編集 ]
Re: 東京マラソンは
> ヨーコさん
あら また面白い事を教えていただきまして(笑

EXPO についても、経常費用の倍以上の収益稼いでますね。
こりゃウマウマなワケですね。

資金運用はいいとして、例えば印刷物ひとつ頼むのでも
企画依頼、ソフト開発、警備、運送、参加賞、etc・・・
利権が絡みまくりなので、天下りというか家族企業というか
それこそ何か見返り的な・・・・

なんて考えたらキリがないけど
出場される方が、あまりブラックな部分を見てはいけません!(笑

純粋な気持ちで、楽しく走りましょう♪

[ 2011/10/19 00:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
Author:みゃあらくもん(もーさん)
・プロフィール詳細

≪ダイエット開始時(2010/3/20)≫
身長:177cm
体重:94.2kg
体脂肪率:28.0%
BMI:30.07
ウエスト:102cm
(腹回りトップで測定)

相互リンク募集中!
カテゴリ
LT (9)
参加中!
↓参加中です。 にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ
人気ブログランキングへ にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。